漫画の表紙スキャンの為にEPSON GT-X830 を購入した

A4 フラットベッドスキャナー EPSON GT-X830

こっちのサイトで書籍の表紙やらをスキャンするためにスキャナーが必要になったので購入しました。まだ購入して日が浅いので、設定等の話は別記事で書く事にして、とりあえずは購入経緯と、購入後の簡単な感想を書いておこうと思います。

この機種を選んだ理由

目的:書籍の表紙・背表紙のスキャン

読み取り方式(スキャナタイプ)

シートフィード(ADF)型は原稿を傷める可能性(ローラー痕や斜送時など) や表紙の取り外しが出来ない書籍は取り込みが不可能という理由から除外。

オーバーヘッド型やハンディ型のフリースキャン系は歪みの心配から除外。

以上の理由から読み取り方式はフラットベット型となりました。

また、シートフィード(ADF)型とフラットベット型の両方の機能を持つ機種がありますが、両面スキャンに対応していない機種や長尺対応不可の機種、または両方の機能を有していても業務用等の高価格帯になってしまうため除外しました。

書籍の中身も含めて全てスキャンを行う自炊(電子書籍化)も考えていましたが、フラットベット型だと効率が悪いのでそれはまた別で考えたいと思います。

フラットベット型の機種

下記に挙げる機種は今回のEPSON GT-X830を選択するまでに悩んだ機種です。価格・性能等の面から最終的にEPSON GT-X830を選びました。

  • CANON CanoScan LiDE 220 CSLIDE220 系
  • EPSON GT-S650 系

上記2機種のシリーズは低価格が魅力なのですが、今回の目的である書籍の表紙・背表紙のスキャンには力不足と判断しました。また、イラスト集などのスキャンも考えられるため、ある程度、画質を重視した機種が必要となります。カラー印刷ではなくモノクロ印刷、または高画質は求めない場合であれば、この機種で良いかと思います。

  • EPSON GT-X980 系

上記のシリーズはフィルム取り込み特化の様で、もちろんフィルム以外の取り込みも高いレベルで出力してくれるのですが、フィルム以外の性能面で見ると価格相応ではないと判断しました。

  • CANON CanoScan 9000F Mark II 系
  • EPSON GT-F740 系

丁度、目的と価格・性能が良いとも思いましたが、もう少し価格を上げる事で光源が2本の機種を選べる為、除外しました。光源が2本ある事のメリットについては後述。

  • Plustek OpticBook 4800 系

最後まで悩んだ機種です。機器のベゼルギリギリまで読み取り可能領域があり、書籍の読み取りに特化しています。ただ、価格がEPSON GT-X830の倍になるので手を出しずらく、今回は見送りとなりました(価格性能比は妥当だと思います)。

使用感

光源が2ラインある事で、原稿のシワや折れを目立たなくする事ができます。レンズの両端から光を当てるので、シワや折れ等の影を軽減できる為です。コンビニ等で売っている漫画雑誌の紙質は大きな凹凸がありますが、これも目立たなくさせる事もできます。また、紙質を重視する場合は片方の光源を切る事も可能です。この機種を選んだ最大の特徴ですが、製品ページには特に紹介されていません。もったいないと思いますが、何故でしょうね。

画質については調整の幅が大きく、好みや目的に合わせる事が出来ます。私の目的としては十分な画質が得られているので、満足しています。スキャナを普段使用していなかったので、設定等の用語知識がなかったのですが、ヘルプが見やすく困る事はそれほどありませんでした。

裏写り対策や読み取り不可領域の対策等については、まだ最適化されていないので後日書きたいと思います。