SHURE SE846の音質と使用感

カナル型イヤホン SHURE SE846

発売当初はユニバーサルイヤホンで最高価格帯だったイヤホンです(価格.comでは上位2番目か3番目でした)。 その価格帯に手を出すのは若干躊躇しましたが、物欲を抑えきれませんでした。

有名なメーカーSHUREのハイエンドイヤホンなので、ある程度レビューが存在しますが、音の感じ方は個人差があるので(という言い訳をして)私の感想を書いておこうと思います。

目次

  1. 特徴
  2. 音質につて
  3. 注意
  4. 最後に
  5. 雑記

特徴

珍しい機能・機構が搭載された事でも注目を浴びていました。

ローパスフィルター

数枚のプレートに異なる溝が入っていて、そのプレートを重ねる事で迷路のような音の通り道を作り出しています。

下記はイメージ図で、灰色はプレートを意味しています。重ねると一本の道(カラー部分)になります。説明用なので、実機の構造とは異なります。

846-lp

ロー(低域)をパス(渡す)するためのフィルター(濾過機構)。この道を通る事により、中高域を減衰させる事で低域を取り出します。この機構のおかげで、より綺麗な低域を抽出できるわけです。 ※図を描いてから思いましたが、公式の動画の方が分かりやすかったです。

全部のドライバーにこの機構が使用されるわけではなく低域のドライバーのみです(他のドライバーも専用の道は用意されていますが、帯域を混ぜないためのものです)。「でも低域のドライバーだけ他と比べて長い道を通ったら遅延があるんじゃないの?」と思うかもしれません。実際は遅延がありますが、人の耳では分からないので心配ありません。実際、私は違和感を感じません。

可変ノズルインサート

普通のイヤホンでは変更する事が無いノズル(イヤーチップが取り付けられるところ)を変更する事が出来ます。何が変わるのかというと音の特性を変更する事が出来ます。

  • 青色:バランス(ニュートラル)
  • 白色:明るい音(+2.5 dB、1 kHz~8 kHz)
  • 黒色:暖かな音(-2.5 dB、1 kHz~8 kHz)

3種類附属していて、青色はデフォルト、青色を基準にして低域寄りにするなら黒色、高域寄りにするなら白色といった感じで選択します。 ノズルの中にフィルターが詰まっていて、フィルターは高域を抑える働きをしています。なので正確には高域を抑える(黒色ノズル)か高域を解放する(白色ノズル)という事です。

メーカーの決めた音だけではなくユーザーに音の傾向を選択させるというのは、当時のユニバーサルイヤホンでは珍しかったです。 因みに私は白色ノズルを常用しています。

その他

バランスドアー・マチュア 3W4D (低域2基・中域1基・高域1基)。

SHURE特有の遮音性が高いシェル。

着脱可能ケーブル(MMCX)。

目次に戻る

音質につて

低域は締りのあるしっかりとしたもので文句なしの質です。他のイヤホンを使用した時に、このイヤホンの低域の凄さを実感します。

中域は特に感想を持ちませんでした。あえて他の機種を挙げて言えばLogcool UE900の方が綺麗です(傾向が異なるので比べるべきではないですが)。

高域も特に感想はありませんが、十分な質を持っています。

低域のイメージが強すぎて、中高域の印象が弱いですが、音質には文句のないイヤホンです。あえて言うならば、もう少し低域を抑える手段が欲しかったです。

帯域を分けているだけあって解像度はあります。音の傾向はドンシャリ気味ですが、ジャンルを選ばず何でもこなせるでしょう。

目次に戻る

注意

音質の悪い音源は悪い部分がハッキリと聴こえてしまします。

インピーダンスが低いせいか、プレイヤーによってはホワイトノイズが目立ちます。音楽を聴いてる状態であればそれほど気になりません。

プレイヤーによっては「ブツッ」という連続的なノイズは発生します。これはノイズキャンセリングが原因と言われています。真剣に曲を聴いていると、割と聴こえる音です。

目次に戻る

最後に

綺麗な低域を聴きたいという場合は大変オススメです。まあ、このイヤホンを買って後悔する事はないでしょう。とても上手く万人向けに作られたイヤホンです。音質は可変ノズルインサートがあるので調整可能ですし、ケーブルを変えて調整する事も可能です。とはいえ、いくら最近イヤホンの価格がインフレ状態といっても、まだ高価な価格帯のイヤホンなので試聴は推奨します。

因みにSE846の発売前にSE535という機種がハイエンドモデルでありましたが、600番台と700番台がスキップされているのは、これまでの機種とは次元が違う事を表しているそうです。※100の位はモデルレベル、10の位はドライバー数、1の位は機能(5はケーブル着脱、6はケーブル着脱に加え可変ノズルインサート)。

目次に戻る

雑記

このイヤホンは初期ロットで不良報告が多く上がっていました。

私はヨドバシカメラ 京都店で購入したのですが、左側に接点の初期不良がありましたので、購入店に連絡をし、本体の交換をさせて頂きました。販売店舗の責任ではないにも関わらず、お詫びの手紙まで入っていて好印象の丁寧な対応でした。。伝わらないとは思いますが、ここでお礼を申し上げます。

その日に欲しかったので、普段通販の私が珍しく家電量販店で買い物をしたわけですが、家電量販店も捨てたもんじゃないなぁ、と思うのでした。

目次に戻る